合唱団について

あこや会HISTORY

 あこや会合唱団は昭和48年(1973年)春に、故長谷川良雄氏( 都立小石川高校・東京音楽大学作曲科卒) を指揮者に様々な人(主に学生)が集まって結成された混声合唱団です。初代団長は故小山仁匡氏。簡単に言えば、長谷川氏の指揮で合唱組曲「水のいのち」を歌いたいメンバーが集合した合唱団と言えます。

 「あこや会」という合唱団名も、「水のいのち」終曲の歌詞にある「アコヤ貝」を由縁としています。

これまでの活動

1973年~1991年 毎年、定期演奏会を開催[計16回]

                    (第5回以降は石橋メモリアルホール)

1991年1月15日の第16回定期演奏会後、17年間活動停止

2008年秋、旧団員等が発起人となり活動を再開

2009年5月 活動再開記念として、第1回グリーンサマーコンサート

(赤羽文化センター)

2010年6月 第2回グリーンサマーコンサート(赤羽文化センター)

2011年6月 第17回定期演奏会(ヤマハホール)

2012年6月 第3回グリーンサマーコンサート(赤羽文化センター)

2013年6月 第18回定期演奏会(ヤマハホール)

2014年5月 第4回グリーンサマーコンサート(赤羽文化センター)

2015年6月 第19回定期演奏会(ヤマハホール)

2016年6月 第5回グリーンサマーコンサート(赤羽文化センター)

2017年6月 第20回定期演奏会(練馬文化センター)

2018年6月 第6回グリーンサマーコンサート(赤羽文化センター)

2019年6月 第21回定期演奏会(ヤマハホール)

指揮者

秋野 宏

昭和34年東京生まれ。小学4年の時に地元の吹奏楽団に参加、 指揮を始める。

高校時代から合唱の指揮を始め、あこや会以外でも、大学、 職場の合唱団等で指揮の経験を積む。

指揮者

​中邨 太

東邦音楽大学音楽学部卒業。作曲を片柳英男、井上淳司、ピアノを浅川英雄、宮島敏の各氏に師事。大学在学時に於いて音楽学を野村良雄、森芳子、長木誠司、合唱を渡辺三郎の各氏に学ぶ。

大学卒業後は日本音楽集団にて作曲研修生として現代邦楽を学ぶ。作品は「篠笛と一絃琴のための  午前零時の五つの情景」等。

ピアニスト

菊地 啓子

国立音楽大学音楽教育学科卒業。以来ヤマハ音楽教室で1歳児から大人まで幅広い年齢層の講師として活躍中。また講師育成にも携わる。合唱歴50年!童謡コンクール全国大会でファミリー部門審査員特別賞受賞。

ヴォイストレーナー

佐久間 美希

武蔵野音楽大学声楽科卒業。酒井弘、故城多又兵衛、一の瀬幸子各氏に師事。「日本合唱協会」入団、定期演奏会、サロン・コンサート、スクールコンサート等の演奏旅行、イタリア・オペラ来日時、日本プロ合唱団連合の一員として参加。渡英後、大学講師、大学院在学中、ソロ・リサイタルを数回開く。ケント州音楽コンクール声楽・ドイツ歌曲部門、共演部門各1 位、宗教曲部門2位、リサイタル部門3 位、アラン・パーネル声楽コンクール準優勝。Canterbury ChristChurch College 大学院卒業。Ben Luxon、Sheila Luxonに師事。2001 年帰国後、演奏、講演、言語指導等に携わる。

ヴォイストレーナー

女屋 哲郎

東京音楽大学声楽科オペラコース卒業。ミラノ音楽院に学ぶ。F. アルバネーゼ、M. マッティオッテイ、R. エーリに師事。在学中ペルゴレージのオペラ「奥様女中」ウベルト役でデビュー。その後、多くのオペラ、オペレッタに出演。杉原千畝物語「人道の桜」杉原千畝役をリトアニア国立劇場、早稲田大学大隈講堂、品川きゅりあん大ホール、新宿文化センター('17) で演じ、以後ライフワークとする。近年の作品に対する真摯で独特なアプローチは定評があり役柄の幅を広げている。現在、二期会会員、大杉学院講師、ラヴラヴォーチェ音楽講師、ステージメンタルカウンセラー。

© 2018  あこや会合唱団 All Rights Reserved